ローソク足

ローソク足の役割

ローソク足はチャートで表示される時間帯の値動きを示す情報源であり、これを見るだけで決められた時間帯はどういう値動きをしたのか確認することができます。ローソク足の見方としては四角い物体の実体と呼ばれる存在が始値と終値を表しており、貫くように刺さっている一本の線のひげと呼ばれる存在が高値と安値を表しています。更に実体には陽線と陰線の2種類が存在し、陽線は先のローソク足より上昇、陰線は下降したことを示しており、相場全体を見てこれらのどちらの割合が大きいかを確認すれば現在の相場が上昇傾向にあるか下降傾向にあるかを判断することが可能です。しかし単に相場の傾向を判断するだけでなく、このローソク足はシグナルとして取引の判断をする材料にもなりえる存在であるため、ローソク足を見るだけで取引の判断をするということも可能です。

ローソク足の予想方法

ローソク足の様々な予想の考え方として簡単なものは実体だけが存在していてひげがない丸坊主と呼ばれる状態の時です。この時は実体の種類に応じた方向へと流れるため、陽線であれば上、陰線であれば下に行くと予想することができます。逆にひげが異様に長い状態の場合には、相場として取引をしている人間達が長いほうに反発しているために、その長い方とは逆の方向に流れが転換すると予想することができます。これらは単純に一本のローソク足から判断することができるシグナルではありますが、数本のローソク足を見てシグナルが出ていると判断することも可能です。

ローソク足のシグナル

幾つかの例として「はらみ」と呼ばれるケースがあり、これはローソク足が先のローソク足の範囲にすっぽり治まっている状態を示すもので、これが出た時は天井、底であると判断されて反対の方向に転換をしやすくなります。これとは反対に先のローソク足を完全に包む状態になるのが「つつみ」と呼ばれるケースで、こちらも同じように相場の転換を示すシグナルと見ることができます。もう1つとして「かぶせ」というケースがあり、こちらは日足のローソク足で見られるもので、前日のローソク足の実体の範囲内に当日のローソク足が終値を付けた場合には相場が転換する可能性が高いです。

これ以外にもローソク足には多種多様なパターンがあり、それらを極めてしまえばテクニカル分析を使わずともローソク足だけで取引の判断をすることができるようになるかもしれません。ローソク足でやっていくという人は調べて知識として身に付けてみるといいでしょう。